池田満寿夫 年譜

 


1934(昭和9)年  2月23日、満州に生まれる。
1945(昭和20)年 郷里の長野へ引き揚げる。
1951(昭和26)年 毎日新聞社主催の全日本学生油絵コンクールで入賞。
1955(昭和30)年 大島麗子と結婚。
1956(昭和31)年 前年親交を結んだ瑛九の助言に従い、色彩銅版画の制作に着手する。
1957(昭和32)年 第1回東京国際版画ビエンナーレ展公募部門にて入選。

           以後60年、62年、64年と4回続けての受賞。
1961(昭和36)年 最初の銅版画個展「池田満寿夫銅版画展」開催(上野、不忍画廊)。
1963(昭和38)年 第7回サンパウロ・ビエンナーレに銅版画15点を出品。
1965(昭和40)年 富岡多恵子とニューヨークへ出発。以来1979年まで日米間を行き来する。
           ニューヨーク近代美術館で日本人初の個展、「The prints of MASUO IKEDA」開催。
1966(昭和41)年 第1回クラクフ国際版画ビエンナーレ、第33回ヴェネツィア・ビエンナーレに入賞。
           初めて石版画を制作する。
1971(昭和46)年 母さと子没、享年60歳。
1972(昭和47)年 「池田満寿夫未刊銅版画展 1960-64」開催(銀座、番町画廊)。
1976(昭和51)年 小説『エーゲ海に捧ぐ』が77回芥川賞を受賞する。
1979(昭和54)年 自らの監督による映画『エーゲ海に捧ぐ』をカンヌ映画祭に出品。
1980(昭和55)年 佐藤陽子と結婚。
1982(昭和57)年 日劇ミュージックホール公演『エーゲ海の濡れた唇』の台本、演出などを手掛ける。
1983(昭和58)年 初めて陶器を製作する。
1988(昭和63)年 父覚次郎没、享年81歳。
1993(平成5)年  開館した駒ヶ根高原美術館の一室に「池田満寿夫展示室」が設けられる。
1997(平成9)年  3月8日、心不全により死去、享年63歳。

 

←池田満寿夫トップページへ戻る